社長の悩みにお答えします!はじめまして! 社会保険労務士の水庫直子です。 みずくら労務管理事務所のホームページにようこそお越し下さいました。当事務所ではお忙しい事業主の皆様に代わって、また事務担当者の良きアドバイザーとして、社会保険・労働保険の諸手続きを行い、労働問題などのご相談をお受けしています。 みずくら労務管理事務所 代表 水庫直子

社長の悩みにお答えします

はじめまして! 社会保険労務士の水庫直子です。 みずくら労務管理事務所のホームページにようこそお越し下さいました。当事務所ではお忙しい事業主の皆様に代わって、また事務担当者の良きアドバイザーとして、社会保険・労働保険の諸手続きを行い、労働問題などのご相談をお受けしています。 みずくら労務管理事務所 代表 水庫直子

〜専業主婦だった私が、ある日生まれかわったきっかけ〜

前職は地元の楽器店店員であった私が、結婚・出産・育児を経て社会保険労務士の父親の仕事を継ぐべく、一念発起して早15年。毎日育児におわれていた私を、何がその気にさせたのか・・・・。

それは父が本当に突然「うつ病」で倒れたことがきっかけです。当時病状は深刻で、一刻の猶予もない状態でした。
私がやらなければ!の責任感で必死に仕事を手伝い、社会保険労務士資格取得の勉強に没頭しました。
試験は2年目で合格、父の病状も次第に回復し、現在73歳で現役社労士として仕事を続けています。

あの時、社会保険労務士になろう!と決意したことは正しかったと思っています。

そして、もうひとつ私の背中を押したのは、友人のご主人が病気で急死するという悲しい出来事でした。友人は偶然その時期にある資格を取得していたことで、その資格を活かした仕事に就くことができました。

やはり「資格」はいざという時、我が身を助けるのだと実感したのです。たとえ結婚して主婦になっても、いつ、夫に何が起こるか分からない、そういうリスクを誰でもかかえていることを知ってもらいたいのです。

〜専門家として、ひとりひとりに語りたいこと〜

社会保険労務士として、ひとりでも多くの人々の手助けがしたい、何より働く母のひとりとして、働きたいと願う女性が働きやすい環境作りの一助になりたい、そのような想いで、この15年間走ってきました。

企業側の相談だけでなく、働く従業員の身になって考えられるよう、ファイナンシャルプランナーの資格も取得しました。ファイナンシャルプランナーとはまだあまり知られていませんが、人が生まれてから死ぬまでのそれぞれの年代に必要な資金設計を行い、より良いライフプランを立てられるようアドバイスをする仕事です。

また国をあげて課題のひとつとなっている『年金』について、現在は週に1〜2回のペースで年金相談員も担当しています。これまで、延べ4,500名ほどの相談を受けてきましたので年金についてのお悩みにお答えできます。

また相談員としての経験をふまえたセミナー等も行っており、今までに「年金離婚分割についての研修」、「年金相談のための年金基礎研修」、「間違いやすい、年金の基礎知識」など年に数回講義をしています。

〜会社にふりかかるピンチこそが、チャンスの種である〜

これまで、取引先社長からさまざまな悩み、苦労話をお聞きしてきました。
最近よく聞く話は、父が永年顧問をさせていただいているいくつかの会社が、ちょうど社長を2代目にバトンタッチする時期にきていることで、出てくる問題についてです。先代社長の部下や社員と意見が対立する、経営方針の相違、取引先からの認知度の低さ等々です。私自身が2代目社労士であることから、そのような悩みに自分自身の経験から解決策をご提案できると思います。

それから、今の日本全体がかかえる問題である社員の「高齢化」も避けては通れません。
ご存知のように会社の「定年年齢」も平成25年には65歳が完全義務化されます。会社と社員双方にメリットがあるリタイアメントプラン作りを、ファイナンシャルプランナーとしての視点でアドバイス致します。具体的には会社の就業規則の整備と合わせ、助成金の申請を行うことで効果が得られます。これまで数社の社員の60歳からの給料+年金+助成金のプランを提案し手続きを行ってきました。また退職金規程の整備なども急務でしょう。

そして、やはりこれからは女性の能力を活かせる会社こそが生き残っていくと思います。せっかく3〜4年かけて一人前に育てたのに、出産のために退職。優秀な人材を失っていませんか?育児休業制度などを活用し、少しでも有能な女性社員を退職させず継続雇用するお手伝いをしていきたいです。それは同時に働きたいと希望する女性を応援することにもつながります。

今、社会全体で『うつ病』が増えています。もし自社の社員がうつ病になってしまったら・・・。これは現実的に起こりうる身近な問題です。会社でメンタルヘルスについて日頃対策を行っていますか?これまでには考えられなかった事態が想定されます。

最後に、多くの社長が悩んでいること、それは辞めさせたい社員をいかに問題なく解雇するか、ということに尽きます。仕事をせず問題ばかり起こす社員がいたとしたら、どのように対処すれば良いのでしょう。

このように会社に次々と起こるピンチこそ、それを乗り越えることで新たなチャンスにつながっていくはずです。社長が「困った・・・」と感じた時に、いつでも寄り添って話をお聞きできる、できる限りの解決策を提案していく、そんな社会保険労務士でありたいと思っています。

お客様の声

有限会社ネクスト
エンタープライズ
代表取締役社長 滑川様
有限会社ネクストエンタープライズ滑川社長写真
迅速に対応、手続きをしてもらっているので、特に不満はありません。
東静工業株式会社
代表取締役社長 福島様
東静工業株式会社福島社長写真
いつも相談にのっていただけるので、ありがたいと思っています。

お知らせ

2016.08.01
みずくら労務管理事務所ウェブサイトを公開しました
みずくら労務管理事務所
代表 水庫 直子
特定社会保険労務士
ファイナンシャルプランナー
千葉県船橋市本町5-6-14
(川畑労務管理事務所内)
TEL:047-423-0064
FAX:047-423-4834
JR総武線 船橋駅北口より徒歩2分
お気軽にお問い合わせください047-423-0064 メールでのお問い合わせ 初回のご相談は無料です